過払い金帰ってくるか

過払い金は本当に取り戻せるの

借金をしたことがある人は「過払い金」という言葉を知っていると思います。文字通り「払いすぎたお金」という意味ですが、本当に借金の返済で払いすぎるようなことが起こるのでしょうか。払いすぎたお金と言っても実際には利息です。

 

この利息に関しては出資法と利息制限法の2つの法律があります。前者は改正前は上限で29.2%、後者は同じく20%と異なっていました。この金利差が過払い金発生の原因となっていたのです。貸金業者は銀行、消費者金融、クレジット会社などいろいろな業態がありますが、銀行などの審査は厳しく、与信が得られなかった人たちは審査の甘い消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用することになります。業者はリスキーな人にお金を貸すことになるのでリスクを避けるためにできるだけ多くの利息を取らなければいけなくなります。

 

 

よって刑事罰対象となる出資法の上限金利により近い利息でお金を貸していたのです。専門用語では「みなし弁済」と言われ一定の要件をみたせば認められていました。しかし、最高裁でみなし弁済が違法との判例をもとに2010年に出資法が改正され、上限金利が20%に統一されました。そこで20%を超える利息(グレーゾン金利)を払わされていた人たちが、払いすぎたお金を返すようにと業者に請求する訴訟が全国的に起こったのです。その結果体力のない消費者金融は廃業することとなり業界最大手の武富士までが倒産する事態に見舞われました。公的手続きでは特定調停という方法がありますが、希望通りの解決を望めない場合は弁護士に依頼するほうが有効的です。実際には過払い金の額による費用対効果を考えなければいけませんが、現在ではネットで簡易にシュミレーションができるサイトも多く存在しています。業者から取引履歴を取り寄せて指示通りに数字を入力するだけでどのくらい過払い金が発生しているか分かる仕組みになっています。また多くの弁護士事務所でも再計算は無料で行っているので心当たりがある人は一度相談してみるのもいいかもしれませんね。長期間返済を続けている人は過払い金が発生している可能性は高いのですが、最終支払日から10年で時効となる上、業者の体力もかなり落ちてきているので早急に行動を起こすことをお勧めします。

 

過去に消費者金融やクレジット会社のキャッシングを利用したことがある人へ

 

「過去に貸金業社に払った借金が返ってくる」といわれると、そんな夢のような話があるの?と感じる方も多いかもしれませんね。ですが、これは本当にまじめなお話です。

 

ここでいう貸金業社は、具体的には以下のような会社です。
武富士やアコム、プロミス、ディック、三洋信販、アイフル、アイク、レイク、ユニマット、SFコーポレーション(旧三和ファイナンス)、ポケットバンク・・・などなど。
諸費社金融だけではなく、以下のようなクレジット会社からのキャッシングも対象です。
オリエントコーポレーション(オリコ)、UFJニコス、丸井、クレディセゾン、イオン、JCBカード、セントラルファイナンス、ライフ、OMC、クオーク、オリックスクレジット、セディナ

 

 

消費者金融やクレジットカード会社は過去に「違法な高い金利」で貸し付けを行っていた時期があり、その時期に借りたお金に関しては「過払い金」が発生している可能性が高いのです。

 

この時期に貸金業者に支払った過払い金というのは、いわば「支払う必要のなかったあなたのお金」です。
貸金業者に過払い金を返還してもらうには、弁護士などの専門家に依頼して手続きを行う必要があります。

 

>>過払い金請求デメリットはこちら

 

過払い金が戻ってきた主婦Aさんの例

主婦Aさんは、5社の消費者金融からの借り入れがありました。
借金の合計額は300万円。業者に対して強いイメージを持っていたAさんは業者に指示されるままに長年お金を払い続けていました。
何年経ってもゴールの見えない返済生活に、Aさんは心身ともに疲れ切っていたと言います。
最初のうちは借金の存在を内緒にしていた家族にもばれてしまい、家の中でも肩身の狭い思いをしていたAさん。
死にたいと思ったことも一度や二度ではなかったそうです。

 

Aさんは「もう限界・・・」と感じて近所の弁護士さんに相談に行きました。
そこで「過払い金というものがある可能性がある」ということを教えてもらったのです。
そのままその弁護士さんに過払い金返還請求の手続きを依頼した結果、数ヶ月後には500万円という高額のお金が返ってきたのです。
そんな大金を見たこともなかったAさんと家族はそのお金を生活と家族の関係を立て直す費用に使い、今では円満な家庭生活を送っているそうです。

 

 

400万円の借金が奥さんにばれてしまったサラリーマンBさんの事例
サラリーマンをしているBさんは奥さんに内緒で消費者金融から借金をしていました。日頃の仕事のストレスからつい借金をして飲み食いする癖がついてしまったと言います。

 

そんな生活を繰り返した結果、借金は合計6社から400万円に。自宅にかかってきた督促の電話で奥さんにも借金の存在がばれてしまい、離婚話を切りだされる始末。
「なんとかしなければ・・・」と思ったBさんは身内とも相談を重ねた結果、弁護士の先生に相談にいくことにしたのでした。

 

その場で弁護士の先生から「過払い金が発生していますよ」と教えてもらったBさん。
その先生に過払い金返還請求の手続き代行を依頼し、結果として400万円のお金を返してもらうことができたのでした。

 

これらの事例は、長い間借金を返し続けている人すべてに参考にしていただきたいお話です。
当サイトではこうした過払い金を返還してもらった人の事例を紹介しています。

 

長年消費者金融やクレジット会社に借金を返し続けている人には、過払い金が発生している可能性が非常に高いといえます。
そのことをぜひ知っていただきたいのです。

 

現在、日本では2000万円以上の人が消費者金融などの金融会社からお金を借りたことがあると言います。
その中で現在も返済生活を送っている人は1400万人、さらに返済に困っている人は200万人以上にのぼります。

 

その中には生活苦から犯罪に走ったり、自ら命を絶ってしまう人たちがいます。本当に悲しくつらいことです。

 

弁護士などの専門家に過払い金の返還請求を依頼するだけで、たくさんのお金が帰って来る。
このことを知っているかどうかによって人生に大きな差がついてしまうということをぜひ知っていただきたいと思います。

 

弁護士や司法書士というと、一般の人にとってなかなか相談にはいきづらいですよね。
ですが、その一歩を踏み出すことがいまの借金返済生活から抜け出す第一歩になるのです。

 

現在、借金がなかなか減らずに困っている人は一度専門家に相談に行くようにしましょう。
相談は無料で受け付けている事務所がほとんどですし、身内には恥ずかしくて相談できないことでも、他人の専門家であれば相談できるということもありますよ。

 

(姉妹サイト)相続相談なら相続相談センター